安全衛生マネジメントシステム審査センター

審査センターについて

公平性のコミットメント

安全衛生マネジメントシステム審査センターは、労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)を専門としたマネジメントシステム認証機関として、認証活動を常に公正かつ中立に行い、もって公平性が確保された第三者の立場で行う認証事業をお客様に提供することが重要な責務であると認識しております。

認証事業は、組織におけるOSHMSの状況を当センターが審査するものであり、また、その結果を当該組織の構成員及び取引先等の関係者さらには社会一般に向けて公証するものであります。このため、審査は、当センターの利害又はこの業務に携わる役職員その他関係者の利害から影響を受けることなく、常に客観的かつ公正に行われ、もって公平性が確保されるように実施し、社会の信頼を維持すべく努力いたします。

また、当センターでは、外部の有識者から成る「労働安全衛生マネジメントシステムの認証事業における公平性推進委員会」による実施状況の評価、確認及び助言が受けられる体制も整えております。

2021年4月
中央労働災害防止協会
認証事業執行責任者
安全衛生マネジメントシステム審査センター
所長 齊藤 信吾

ページの先頭へ